【ツイキャス】コラボができない原因と解決方法

ツイキャス コラボ2

ツイキャスで「コラボする」と聞いたことがありませんか。

コラボ配信とはライブ配信の一種で、自分とは別の所にいる誰かと、同じ画面で一緒に配信ができるサービスのことを言います。

しかしコラボしようとしてもできないこともあります。

そもそもコラボとはどのような配信で、どんな種類があるのでしょうか。

また、できないのはどうしてなのでしょうか。

今回は、その辺の疑問にお答えしていきます。

スポンサーリンク

コラボの種類

ツイキャスでのコラボ配信には、様々がパターンあります。

icon-check-circleコラボ・ペア

ゲストは同時に1人だけ、動画またはラジオで参加OKのモードです。

icon-check-circleコラボ6

配信者のレベルが18以上のときだけご利用可能なコラボです。

動画での参加の他、音声のみ(ラジオ)の参加でもOKです。

icon-check-circleラジオコラボ6

ゲストは同時に5人までOKです。

配信者も参加者も動画ではなく、音声のみの参加で可能になっております。

icon-check-circle誰でもコラボ

只今お試し期間中の、ランダムにコラボできる配信モードです。

スマートフォンでの参加のみ可能で、一定の条件(公式発表されていない)を満たした配信ユーザー同士(2人まで)が参加OKのラジオコラボです。

コラボできない原因と解決方法

コラボ配信ができないのには、様々な原因が考えられます。

また、自分が配信者側か参加者側かによって、理由も異なります。

配信者側の場合

icon-check-circleコラボの設定をしていない

コラボ配信をする場合、最初の配信設定をコラボ配信に変更する必要があります。

それによって、配信者一覧の自身のところに「コラボしています」の印である電話のマークが付きます。

ツイキャス コラボ 電話

またコラボ中のカテゴリに含まれることもできます。

icon-check-circleリクエスト待ちの状態である

リスナーからの参加リクエストがない状態の時は、普通の配信と変わりません。

リクエストがあり、自身が許可した時点でコラボがスタートします。

リスナーがリクエストをし、配信者がそれに気づかずに10秒以上放置した場合は、一旦自動で却下されます。

また配信者は、リクエストを拒否する権限も持っております。

逆に参加者側も、コラボ中に参加を中断することができます。

icon-check-circleレベルが達していない

ゲストの人数が増えると、配信者のレベルによってはそれを主催することができなくなります。

ラジオ配信の場合はこの限りではございません。

誰でもコラボの場合は、まだ試験段階であることも踏まえ、ある一定の条件を満たしていなければ利用できません。(条件は未発表)

参加者側の場合

icon-check-circleアプリをインストールしていない

スマホでコラボに参加する場合は、ツイキャスのライブアプリと、ビュワーアプリの2種類をインストールする必要があります。

PCの場合はその限りではありません。

icon-check-circleリクエストが届いていない

主催者側に参加を承諾してもらった時点で、リスナーはコラボすることができます。

配信者(主催者)がリクエストに気付いていない時もあるので、それらしき場合は再度お願いしましょう。

icon-check-circleコラボの人数が定員数に達している

コラボの定員数が上限に達していると、「あと0人です」という表示されます。

この場合は空きが出るまでコラボすることはできません。

配信中でも空きがでることがあるので待ってみましょう。


以上、コラボの種類とコラボができない原因でした。

コラボはスムーズにできる時もあればそうでない時もあります。

このことも踏まえて、主催する方も参加する方もお互いに楽しいコラボにして頂ければと思います。

スポンサーリンク
Pocket
LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ